乳幼児・子供にも使える低刺激の日焼け止めの選び方・使い方

乳幼児・子供に日焼け止めは必要なのか?近年ではオゾン層の破壊などによる紫外線量の増加などから使ったほうがよいとの意見が優勢になりつつあります。新陳代謝が活発で紫外線のダメージが大人に比べて少ない印象もある乳幼児・子供ですが、一方でまだ成長過程で皮膚が薄い面もあります。

UVカット効果が多少劣っても紫外線散乱剤タイプを

POLA日焼け止め種類下地ファンデーション

レジャーや屋外で遊ぶなど長時間肌を日差しに晒すときには日焼け止めの使用はやはり必要でしょう。

 

そんな乳幼児・子供に使える日焼け止め選びではこうした事情、つまり紫外線をしっかりカットしつつ、皮膚が薄い状態でも問題なく使えるものを選ぶことが重要です。

 

元気な子供はどうして長時間屋外で過ごすことで紫外線を浴びる量が多くなる傾向があることからUVカット効果にばかり目が向いてしまいがちですが、肌にできるだけ刺激を与えず安心して使えるかどうかもよく考えた上で選んでいく必要があります。

 

これらの条件を踏まえた上でまずチェックしたいのが紫外線吸収剤と紫外線散乱剤です。紫外線吸収剤とは紫外線が肌に接触した段階で化学反応が起こり無害になる化学物質を使用したものです。

 

一方紫外線散乱剤は肌に触れた紫外線を反射して跳ね返す働きを備えています。UVカット効果に関しては紫外線吸収剤の方が優れているのですが、紫外線が化学反応で無害な熱に変換されていく過程で肌に負担をかけてしまうリスクを抱えています

 

乳幼児・子供には少々UVカット効果が落ちるのを承知の上で紫外線散乱剤のほうを使ったほうがよいでしょう。

落としやすく肌に負担がかからないか

POLA日焼け止め種類下地ファンデーション

そのうえでSPF・PAの数値をチェックします。乳幼児・子供がどれぐらい紫外線を浴びるのかをよく踏まえたうえで適切な数値の製品を選びましょう。

 

必ずしも数値が高いものを選べばよいのではなく、あまり過剰な製品を使っていると肌に負担がかかってしまいます。

 

外で遊ぶ機会が多いお子さんならSPF30、PA+++くらいはほしいところ。ちょっとした外出ならSPF10〜20、PA+程度、逆に海水浴などレジャーではSPF50、PA+++程度が必要になります。日差しの強さはもちろん、外で過ごす時間も考慮して選んでいきたいところです。

 

あとは肌との相性。これは肌質との相性もあり、低刺激だと思って使ってみたら肌がかぶれてしまったというケースも見られます。

 

お子さんの肌質もよく踏まえたうえで無理なく使えるものを選びましょう。それからベタつきや白浮きがしないかどうか。使っていて不快だと大人は我慢できても子供はイヤがってしまうこともあります。

 

それから適度に落としやすいかどうか。あまり簡単に落ちてしまうと汗で落ちてしまいますが逆に落としにくいと洗う際に肌に負担になってしまいます。ほどほどのものを選んでみましょう。
POLAの日焼け止め&UV化粧品(ベースメイク)>>

白浮き・白くならない日焼け止め選び方・使い方

日焼け止めを使う上での最大の悩みといってもよいのが白浮きです。しっかり塗って紫外線対策をしたはいいものの肌全体がなんだか白くなってしまった…これではせっかくのメイクも台無し。日焼け止めを選ぶ際にはできるだけ白浮きしにくいものを選びましょう。

白浮きするタイプは殆ど紫外線散乱剤タイプ

POLA日焼け止め選び方白浮きしない

では白浮きしない日焼け止めとはどんなものなのか?まず紫外線の2つの種類の特徴について知っておきましょう。

 

よく知られているように紫外線をカットするメカニズムの違いで紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

 

よくこの2つは紫外線吸収剤は効果は高いけれども肌への負担が大きく、前者は効果が落ちるけれども肌に優しいというイメージがもたれています

 

そのため紫外線散乱剤を使っている方も多いはず。しかしこれを白浮きの観点から見るとまた違った評価になります。白浮きしやすい日焼け止めのほとんどがじつは紫外線散乱剤なのです。

 

このタイプは肌と接触した紫外線を反射させる働きを備えているのですが、その効果を発揮するために酸化チタンをはじめとした特殊な成分を使用しています。これはおしろいなどにも使用される白い顔料の成分なのです。

 

そのためどうしても塗布すると白くなってしまう傾向が見られます。それに対して紫外線に化学反応を起こして無害な熱に変換する化学物質が使われている紫外線吸収剤は白浮きするリスクが少ないのです。

 

つまり肌への負担を考えると紫外線散乱剤の方が適している一方、白浮きしたくない場合には紫外線吸収剤の方が適していることになります。

厚塗りせず少しずつ均一に塗り広げるようにする

POLA日焼け止め選び方白浮きしない

どちらを選べばいいのか悩ましいところですが、近年では紫外線散乱剤の中でも白浮きしにくいものが登場しています。

 

白浮きの問題は先ほど挙げた顔料の成分の粒子が大きく、どうしても白さが目立ってしまう部分があったのですが、現在では粒子を細かくして配合することで目立ちにくくなった製品が増えているのです。

 

しかも粒子が細かいことで肌にしっかりと密着して紫外線を跳ね返しやすくなる、一石二鳥の効果を備えています。

 

低刺激と白浮き対策を両立したい方はこうしたタイプの紫外線散乱剤を選ぶとよいでしょう。白浮きしないことをセールスポイントにした製品も増えているのでチェックしてみましょう。

 

使い方ではやはりムラなくきれいに塗っていくことが第一です。小鼻などはとくにしっかり塗付した結果白浮きしてしまいがち。全体にムラなく、あまり厚塗りはせずにまんべんなく伸ばしていく。基本中の基本ですがそれができるかどうかで仕上がりに大きな差が出てくるはずです。

長時間効果が続く日焼け止めの選び方・使い方

日焼け止めは紫外線を防ぐ効果だけでなく効果の持続時間も重要なポイントです。レジャーなどで長時間屋外で過ごす場合にはその間紫外線を防ぎ続けてくれる効果が求められますし、小さいお子さんともなれば日常的に屋外で遊んで過ごすことも少なくありません。

SPF30は10時間程度日焼けを遅らせられるという目安

POLA日焼け止め選び方白浮きしない

こうしたシチュエーションに合わせて長時間使い続けられる日焼け止めをひとつ確保しておきましょう。

 

この「長時間付けられる」には2つのポイントがあります。ひとつは冒頭で触れた紫外線をカットする効果が持続するかどうかです。

 

時間が経つにつれて効果が薄れてしまうのでは意味がありませんから、紫外線を浴びている間中防いでくれることが大前提です。

 

この点に関してはSPF・PAという数値がポイントになるでしょう。SPFとは「紫外線のダメージを受けるのをどれだけ遅らせるか」を示す数値です。たとえばSPF30なら30倍遅らせることができるわけです。

 

 

強い日差しを浴びた人間の皮膚が日焼けを起こすまでにかかる時間は15分〜20分程度といわれています。ですから30倍に伸ばすことができるなら10時間程度は日焼けを防ぐことができるわけです。

 

ですから日中どれぐらい屋外で過ごして紫外線を浴びるかを踏まえたうえで日焼けを防ぐことができるレベルの日焼け止めを選ぶようにしましょう。

 

もうひとつのポイントは肌への刺激です。いくら紫外線をカットする効果に優れていても肌への負担が大きい製品は向いていません。長時間使い続ければ続けるほどダメージが蓄積していきますから、自分の肌に無理なく使える製品であることが大前提です。

つけっぱなしでなく2・3時間おきに塗り直す

POLA日焼け止め選び方白浮きしない

この点はひとりひとりの肌質によって判断が違ってくるので難しい部分もあります。

 

刺激が気になる方はノンケミカルの紫外線散乱剤のように刺激が少ないものを選ぶか、セラミドなど美容成分を配合した製品を選ぶとよいでしょう。

 

紫外線をカットする効果に優れている製品ほど長時間の使用で肌への負担が大きくなる傾向があるのでなかなか難しい面もありますが、自分なりに効果の持続時間と肌への負担のバランスが取れた製品を見つけ出したいところです。

 

使い方では一度付けたらそのままではなく、2〜3時間ごとにこまめに塗りなおすのがオススメです。とくに夏場は汗や皮脂で日焼け止めの効果が薄れてしまうため小鼻や額など皮脂が多く日差しを浴びやすい部分は注意しましょう。

 

それから帰宅したらできるだけ早く落とすこと。長時間使えるからといって無駄に肌に塗付し続けていると負担が大きくなってしまうのでこの辺にも注意しておきたいところです。

汗・水に強い!ウォータープルーフの日焼け止めの選び方・使い方

屋外で過ごす際に日焼けを避けるときには日焼け止めは欠かせませんが、ひとつ大きな弱点があります。それが水や汗、皮脂で落ちてしまうこと。紫外線が強い暑い日ほどこうした問題が出てくるため、こまめに日焼け止めを塗りなおさなければならないなどの面倒が付きまといます。

落ちづらい分、クレンジングで負担がかかる

POLA日焼け止め選び方ウォータープルーフ

しかしそんな問題を解決してくれるのが汗・水に落ちにくいウォータープルーフタイプ、簡単には落ちないので一度塗付すれば長く紫外線を防いでくれます。

 

と、このようにこれまでの日焼け止めの問題を克服したメリットを備えたウォータープルーフですが、その一方で問題点もいくつか抱えています。

 

最大の問題点はほかならぬ「なかなか落ちないこと」。紫外線をしっかり防いでくれるのはよいのですが、なかなか落とせないので洗顔の際に肌に負担をかけてしまう恐れが出てきます

 

またSPF50、PA+++など非常に高いUVカット効果を備えている一方で肌への負担が大きく、レジャーなどで長時間使い続けていると肌へのダメージが蓄積してしまいかねません

 

つまり使い続けることでダメージが蓄積し、落とす際に負担が増える、そんな問題点を秘めているのです。

 

ですからウォータープルーフタイプを選ぶ際にはできるだけ簡単に落とせるものを選びましょう。この点は実際に使ってみないとわからない部分もありますが、近年では落としにくい問題点が注目を集めるようになったことで落としやすい点をアピールした製品も増えています

ウォータープルーフでも耐水性は2〜3時間程度の日焼け止めが多い

POLA日焼け止め選び方ウォータープルーフ

肌が乾燥しがちなど洗顔のダメージが気になる方はまずこの点を最優先して選んでみましょう。

 

それからSPF・PAの数値をチェックすること。あくまで自分が紫外線を浴びる環境にあった数値を選ばないと過剰に肌に負担をかけてしまうことになりかねません

 

レジャーに使うか、日常の外出時に使うか、用途によっても判断が分かれるでしょう。

 

もうひとつ、考え方が逆になりますが耐水性がどれだけ維持できるか。

 

水に耐えられるのは2〜3時間程度のものが多く、海水浴で使用する際にはこちらもチェックして途中で落ちてしまうようなことがないように気をつけましょう。

 

逆に言えば耐水性が低い製品の方が落としやすいことになります。

 

使い方のポイントは「あまりたくさん使わない」ことです。紫外線が強い、汗をかきやすい、海水浴で使うなど本当に必要なとき以外は避けた方が無難とも言われています。

 

便利なアイテムではありますが、あまり頼り切らずケースバイケースを踏まえたうえで適切な使い方を心がけたいところです。
POLAの日焼け止め&UV化粧品(ベースメイク)>>

人気のPOLAの日焼け止め

POLAの日焼け止め

B.A プロテクター

近赤外線もブロック!シリーズ共通うるおい成分も配合された日中用クリーム
11,880円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>
ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

幼児にも使えるデリケート肌処方!マイルドでみずみずしい日焼け止めクリーム
3,780円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>
ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス

高UVカットに美白もうるおいも!日焼け止め特有の乾き・きしみが苦手な方に
4,104円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

POLAのUV化粧品(ベースメイク)

ホワイティシモ デイセラム

ポーラ日焼け止めホワイティシモディセラム

皮脂をキャッチしながら保湿ケア!日焼け止め・スキンケア効果と1本4役
4,104円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
ホワイティシモ パウダーファンデーション

ポーラ日焼け止めホワイティシモファンデーション

ふわっと軽くエアリーな付け心地!重くないのにメイクしたての美しさが持続するファンデ
4,320円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
ホワイティシモ エッセンスインエマルションコンパクト ホワイト

ポーラ日焼け止めホワイティシモエッセンスインパクト

2色式でカバー力と透明感を両立!スキンケアしながらうるみ肌を長時間キープ
4,752円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>