乳液・ミルクタイプの日焼け止めの選び方・使い方

日焼け止めの中でももっとも肌に優しいのが乳液・ミルクタイプです。近年になって日焼け止めがもたらす肌への負担が注目を集めようになったことでこのタイプが人気を得ています。

過剰な紫外線対策は肌トラブルを加速させる

POLA日焼け止め種類乳液

乾燥肌・敏感肌はバリア機能が低下している分紫外線のダメージを受けやすく、少し日差しを浴びただけでも日焼けを起こし、シミやくすみの原因を作ってしまう恐れがあります。

 

それだけに入念な紫外線対策が必要になるわけですが、一方でバリア機能が低下しているため日焼け止めの負担にも注意しなければなりません

 

あまり過剰に紫外線対策を行ってしまうと今度はその負担が肌トラブルの原因になりかねないわけです。この難しいバランスをどうすればいいのか?そんな時によい選択肢となってくれるのが乳液・ミルクタイプです。

 

一般的なクリームタイプに比べて水分量が多く、肌に馴染みやすく簡単に塗りやすい特徴を備えています。乳液タイプの場合はとくに伸びがよく顔だけでなく腕や首、デコルテなど体に使うときにも役立つでしょう。

 

また長時間屋外で過ごして紫外線を浴びる機会が多いときに塗りなおすときにも便利です。

 

また低刺激を重視してノンケミカル、つまり紫外線散乱剤を使っている製品がほとんどです。乾燥肌・敏感肌でこれまで使ってきた日焼け止めは肌に合わなかったという方にも向いています。

 

ですから乳液・ミルクタイプの日焼け止めを選ぶ場合にはこうしたポイントを踏まえたうえで比較検討をしていくことが大事です。

肌馴染みやSPF・PAの数値を踏まえて選ぶ

POLA日焼け止め種類乳液

自分の肌に馴染みやすいか。乾燥肌が気になる方は低刺激だけでなく保湿成分が配合されているなど美容対策にも役立つものを選んでみるのもよい方法です。

 

また肌に優しい分どうしてもUVカット効果そのものは弱くなってしまうため、しっかり紫外線を防ぐことができるかどうかも大事です。SPF・PAの数値を踏まえたうえで紫外線を浴びる環境にあったものを選ぶようにしましょう。

 

乳液・ミルクタイプでは不安という方は日傘や帽子などもうまく使いながら紫外線を防いでいける環境づくりも検討したいところです。

 

もうひとつ、近年では紫外線散乱剤の粒子を細かくすることでよりUVカット効果を高めたものも登場しています。このタイプは白浮きもしにくいのでチェックしてみるとよいでしょう。

 

使い方ではせっかく塗りやすいメリットがあるので肌を強く擦らずに軽く塗っていくのがポイント、そして先ほど触れましたが2〜3時間くらいを目安に塗りなおす習慣をつけると効果を最大限に引き出すことができるはずです。

クリームタイプの日焼け止めの選び方・使い方

クリームタイプはもっともオーソドックスで広く普及している日焼け止めです。そのため使い方はわかっているという方も多いと思いますが、逆に肌に合わない製品を使っている、知らず知らずのうちに肌に負担をかけるような使い方をしていることでトラブルを抱えてしまっていることも少なくありません。

密着性が高く効果が持続しやすいのがメリット

POLA日焼け止め種類クリーム

なじみの深いタイプだからこそ、本当に適切な使い方ができているかどうか改めて見直してみることも必要です。

 

クリームタイプの特徴は油分が多くしっかり肌に密着する点にあります。その分落ちにくく効果が長持ちします。

 

長時間屋外で過ごす方にとってはもっとも適した選択肢といえるでしょう。ただ油分が多い分ベタつくなどの不快感もあります。

 

脂性肌の方や夏場汗や皮脂の分泌量が多くなる時期に使用する場合には使い心地のよさも意識して選んでいくようにしましょう。

 

重めのテクスチャなので伸びがあまりよくなく、ムラなく伸ばしにくい点もクリームタイプの難点のひとつ、ですからできるだけ塗りやすく、均一に伸ばせるものを選びましょう。

 

とくに乾燥肌・敏感肌の方は塗付する際に何度も肌を擦ってしまうとそれだけで肌に負担をかけてしまう恐れがあるので要注意です。

 

しっかり肌に密着して効果を発揮するメリットは落としにくいデメリットと背中合わせでもあります。

クレンジング剤により肌に負担がかかる事も

POLA日焼け止め種類クリーム

長時間効果が持続するのはよいのですが、いざ落とす際になかなか落ちずクレンジング剤を使わなければならない製品もあります。

 

こちらも乾燥肌・敏感肌にとっては肌に負担をかけてしまう要因になりかねないので気をつけましょう。肌への刺激が気になる方はクレンジング無しでも落とせるタイプものを選びましょう。

 

なお、クリームタイプでは水・汗に落ちにくいウォータープルーフタイプもありますから、メリットとデメリットをよく考慮したうえで自分に向いているかどうか見極めたいところです。

 

使い方では選び方とも共通してきますがムラなくしっかり伸ばすことができるか。あまり厚めに塗ってしまうと白浮きしてしまうこともあるので塗りたいところに均一にうまく仕上げていくことが大事です。

 

また肌への負担をできるだけ避けたい場合にはUVカット効果のある乳液や化粧下地とうまく併用することで相乗効果を得ることもできます

 

SPF・PAの数値など効果にばかり目が向いて落としにくいクリームタイプの日焼け止めを使っている方も多いもの、現在このタイプを使っている方は本当に自分にあっているのかどうか、改めて見直してみましょう。

ミスト・スプレータイプの日焼け止めの選び方・使い方

近年人気を集めている日焼け止めのタイプがミスト・スプレータイプです。通常の日焼け止めは手で直接肌に塗付するものですが、こちらはスプレーで吹きかけるだけ、その手軽さから外出先などで日焼け対策を行う際に使用する方が増えています。

携帯する際の利便性やスプレーの範囲はどうか

POLA日焼け止め種類スプレー

ですからまず使いやすいかどうかが最大のポイントになります。

 

外出中に携帯する場合にはサイズや重さも重要な基準となりますし、スプレーが使いやすいか、顔に塗付するときにうまく塗付できるかどうかなども見ておきたいところです。

 

製品によっては髪の毛や頭皮に使用できるものありますから、頭部の日焼け対策も行いたいという方には向いています。

 

スプレーなので周囲に飛び散るデメリットもありますから、外出先で問題なく使えるかどうか、塗布したくないところに飛び散ってしまうようなことがないかなどもチェックポイントになるでしょう。

 

これらの点ば実際に試してみないと判断しづらい部分があるので難しいですが、選ぶ際には頭の片隅に入れてきましょう。

 

このタイプは選び方よりもむしろ使い方のほうが難しく注意したい部分が多々あります。まず夏場に使用する際には肌の乾燥に気をつけること。ミストが肌に付着するとそれが蒸発していく過程で肌にもともと含まれていた水分を奪ってしまいます。

使用の際は最低でも10p離した場所から

POLA日焼け止め種類スプレー

ミスト・スプレータイプは爽快感も大きな魅力ですが、涼しさを求めて夏場に何度も使ってしまうとかえって乾燥を引き起こしてしまうことにもなりかねません。乱用は厳禁です。

 

また手軽に噴射できる一方でムラができてしまう難点もあります。手を汚さずに使えるのが大きな魅力ですが、しっかり紫外線対策を行いたい場合にはスプレーを使った後に手でムラなく伸ばして均一に塗るよう心がけましょう。

 

至近距離からの噴射にも注意が必要です。暑い日はとくに冷たい爽快感を求めて近くから噴射してしまいがちですが最低でも10センチは離した状態で塗付しましょう。

 

また毎回同じ場所に噴射するとその部分の肌に刺激を与えてしまう恐れもあるので要注意です。もちろん、目元など皮膚が薄く刺激が敏感なところに直接塗付しないことも大事です。この部分はスプレーをした後に手で伸ばして塗付するのが無難です。

 

このように便利な一方で少々扱い方に難しい面もあります。家で行う紫外線対策では通常の手で塗付するタイプを使い、外出先でこのタイプを使うなど使い分けも視野に入れたうえで自分に合った使い方を見つけていくようにしましょう。

日焼け止め効果のある化粧下地・ファンデーションの選び方・使い方

紫外線対策を日焼け止めだけでなく化粧品で行う選択肢も増えています。日焼け止めの肌への負担が不安視されるようになっているため、乳液や化粧下地、ファンデーションでうまく紫外線を防ごうというわけです。

UVカット効果より本来の役割がしっかりしているか

POLA日焼け止め種類下地ファンデーション

では日焼け止め効果がある化粧下地・ファンデーションを選ぶ場合にはどんなポイントがあるのでしょうか?

 

まず当然のことですが本来の役割をきちんと備えているかどうかが問われます。いくらUVカット効果に優れていても化粧下地として、ファンデーションとして役立たなければ意味がありません。

 

とくにシミ・くすみが気になる方は厚塗りせずにいかに目立たなくカバーできるかがポイントとなりますから、UVカット効果ばかりにこだわらないよう心がけましょう。

 

それから基本としてはSPF・PAの数値をチェックすること。基本的にUVカット効果を備えた化粧下地やファンデーションでSPF30、PA+++以上といった強い効果を備えたものは限られています

 

ですからどの程度までこのアイテムで紫外線対策を行っていくのかを踏まえたうえで選びましょう。UVカット効果を持つ乳液や日焼け止めとの併用も視野に入れた上で選んでみましょう。

 

もうひとつ注意したいのは使用量の問題です。たとえばSPF30など優れたUVカット効果を備えている製品でも十分な量を使わなければその数値ほどの効果は得られません。

 

そして化粧下地やファンデーションは専用の日焼け止めに比べて使う量は少なくなりますから、SPF・PAが同じ数値でも同じ日焼け止め効果があるとは限らないのです。
この点は選び方だけでなく使い方とも深く変わってきます。

他タイプの日焼け止めと併用して肌の負担を軽減

POLA日焼け止め種類下地ファンデーション

買い物などちょっとした外出程度ならともかく、本格的に紫外線対策を行う場合、先ほども少し触れたように化粧下地・ファンデーションだけでのケアでは限界があるのです。

 

ですから製品を選ぶ際にはあくまで化粧下地・ファンデーション本来の効果を重視してUVカット効果に関してはほどほどのものを選ぶ。

 

そのうえで使う際に日焼け止めとうまく併用して十分な紫外線対策を行っていくといった工夫を検討しましょう。そうすることで日焼け止めが肌にもたらす負担を軽減しつつ紫外線を効果的に防いでいくことができるようになるでしょう。

 

無理して化粧下地・ファンデーションだけで紫外線対策を行おうとすると厚塗りや白浮きなどの問題を抱えてしまいかねません。

 

それを防ぐ意味でもこうした選び方・使い方の基本を踏まえてきたいところです。

 

日焼け止めの代用品にはならず、本格的な紫外線対策には向いていないことを忘れずにうまく使いこなしていきましょう。

人気のPOLAの日焼け止め

B.A プロテクター

近赤外線もブロック!シリーズ共通うるおい成分も配合された日中用クリーム
11,880円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

幼児にも使えるデリケート肌処方!マイルドでみずみずしい日焼け止めクリーム
3,780円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス

高UVカットに美白もうるおいも!日焼け止め特有の乾き・きしみが苦手な方に
4,104円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

ホワイティシモ 薬用UVミルキィ ホワイト

美白、保湿、紫外線カット、ブライトアップ…1本で4役をこなす日中用美白乳液
5,940円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!